スパイウェア対策

スパイウェアは意図せずコンピュータにインストールされ、個人情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号など)や秘密情報(ID、パスワード、金融機関の口座やクレジットカード番号など)、コンピュータやブラウザの使用履歴などを収集し、第三者に送信します。

必ずしも全てが悪質なものとして分類されるわけではありませんが、しっかりとセキュリティ対策を行う必要があるでしょう。

まず、コンピュータの脆弱性を解消することが大切です。

OSやソフトウェアのセキュリティホールを解消するため、アップデートを行い最新の状態を維持しましょう。

次に、スパイウェア対策ソフトの導入を検討しましょう。

スパイウェアに侵入されてしまったり、実行されることを防止する方法としては非常に有効です。

ただし誤検出による設定変更、ソフトウェアや定義ファイルの状態を最新に保つ手間に煩雑さを感じてしまうかもしれません。

さらに、スパイウェア対策ソフトは必ずしも安全を保証するものではないという難点があります。

また、ブラウジング、電子メールの添付ファイル開封、ツールのダウンロードには慎重を期すべきでしょう。

これらの操作によってスパイウェアがインストールされてしまう恐れがあるからです。

そのため、ブラウジングの際はセキュリティ設定を強化したり、不審なメールの開封やツールのダウンロードをする際には、セキュリティ対策ソフトで検査を行う必要があるでしょう。

また、不明なポップアップ広告などはむやみに操作せず、ただちに終了させるのが賢明と言えます。

そして、パーソナルファイアウォールは不正アクセス防止のため設定を有効にしましょう。

トップページ | 感染時の症状 | ウイルスの種類 | 代表的なウイルス | トロイの木馬 | ダウンロードの危険性 | ウイルス対策のポイント | フィッシング対策 | スパイウェア対策 | メールのセキュリティ対策 |

化粧品・エステ | 住宅ローン、カードローン | FX・証券会社 | クレジットカード | プロバイダ・レンタルサーバー | 求人、転職 | その他のリンク集