ウイルス対策のポイント

コンピュータウイルス対策はセキュリティを強固にすること、そしてそのために実践すべきことが要点として挙げられます。

まずウイルスチェックを欠かさないことが大切です。

電子メールの添付ファイルや、ネットワーク上でダウンロードしたファイルは、必ずウイルスチェックをしましょう。

日々新種のウイルスが誕生しているため、セキュリティ対策ソフトの「ウイルス定義ファイル」を最新の状態に保つことが大切です。

また、文書作成ソフトや表計算ソフトにはマクロ機能が搭載されているため、「マクロ感染型」のコンピュータウイルスに注意する必要があります。

この場合、各アプリケーションに備えられているセキュリティの強度を高めることでマクロ機能の自動実行を防ぐと良いでしょう。

ちなみにこれはブラウザやメーラーにも同様のことが言えます。

さらにソフトウェアのセキュリティホールにも注意が必要です。

最低限のセキュリティ対策を施していても、セキュリティホールが残っている場合にはコンピュータウイルスの感染リスクが高まります。

そのため、最新のセキュリティパッチを当てることは必須と言えるでしょう。

また、破壊されたり失われたりしたデータの復旧は困難を極めるため、バックアップの取得を習慣化することも大切です。

バックアップデータを取得しておくことにより、データ復旧がスムーズに行えるでしょう。

さらにアプリケーションプログラムのオリジナルCD-ROMは再インストールすることを想定し、紛失しないよう厳重に管理しましょう。

これらの他、常にコンピュータの動作に異変がないかを確認し、こまめなウイルスチェックを行うことが大切です。

トップページ | 感染時の症状 | ウイルスの種類 | 代表的なウイルス | トロイの木馬 | ダウンロードの危険性 | ウイルス対策のポイント | フィッシング対策 | スパイウェア対策 | メールのセキュリティ対策 |

化粧品・エステ | 住宅ローン、カードローン | FX・証券会社 | クレジットカード | プロバイダ・レンタルサーバー | 求人、転職 | その他のリンク集