代表的なウイルス

セキュリティ対策ソフトをなぜ導入するのか、代表的なコンピュータウイルスの特徴を知ることで理解を深めましょう。

ファイル感染型は対象をファイルとし、「上書き型」と「追記型」に分類されます。

上書き型の場合は修復不可能、追記型の場合は元のファイルは実行可能、ただしコンピュータウイルスも実行されるという特性を備えています。

このタイプへの対策としてはバックアップの取得が有効でしょう。

ワームはファイル単体での活動が可能でネットワークを介して感染活動や破壊活動を行います。

自己増殖(自らを複製)したり、OSやアプリケーションの脆弱性を対象に攻撃を仕掛けてきます。

また、ワームの種類としては「メール感染型」「メールスクリプト型」「ネットワーク型」「P2P型」などが挙げられます。

対策としては脆弱性を残さないためにセキュリティ・パッチやセキュリティ対策ソフトのアップデートをする必要があるでしょう。

トロイの木馬はワームと同様にファイル単体での活動が可能ですが、自己増殖をすることはありません。

有益なソフトウェアやツールに偽装しコンピュータへ侵入するのが特徴で、情報の消去や漏洩、別のコンピュータへの攻撃などといった破壊活動を行ないます。

また、感染した場合にはコンピュータに保存してある個人情報が奪われてしまったり、感染したコンピュータに悪意のある攻撃者が侵入するための入口を作ったりもします。

トロイの木馬対策としてはパーソナルファイアウォールを導入することなどが挙げられます。

トップページ | 感染時の症状 | ウイルスの種類 | 代表的なウイルス | トロイの木馬 | ダウンロードの危険性 | ウイルス対策のポイント | フィッシング対策 | スパイウェア対策 | メールのセキュリティ対策 |

化粧品・エステ | 住宅ローン、カードローン | FX・証券会社 | クレジットカード | プロバイダ・レンタルサーバー | 求人、転職 | その他のリンク集